Brea Jackson-Carter、安全トレーニングでドライバーとしての長く成功したキャリアに備える

子供を職に就かせ、そのままその職にとどまらせる方法
AboutDesktop-1440X752-BreaJacksonCarter.jpg AboutTablet-768X760-BreaJacksonCarter.jpg AboutMobile-1023X960-BreaJacksonCarter.jpg

UPSのトレーラーのドライバーのBrea Jackson-Carterは、他の誰よりも安全運転の意味を理解しています。まず、プロのドライバーとして28年間ただの一度も事故を起こしたことがありません

UPSで受講したトレーニングが、彼女や他のドライバーの安全を守るのに役立っていると信じています。

当社の最優先事項: 社員の安全より重要なものはなく、UPSは毎年安全トレーニングに3億ドル以上を支出しています。米国の業務担当社員は、2022年だけで500万時間のトレーニングを受講しました。

「UPSで働くというのはとても素晴らしいことです。素晴らしい会社です」とJackson-Carterは述べています。「UPSはトップに立っています。 – 配達をサイエンスにまで高めました。」

今年、新たに1205名のドライバーがCircle of Honor入りを果たしました。入会の条件は、25年無事故です。Jackson-Carterは、約1万500人の現役のCircle of Honorドライバーの1人です。メンバー合計では、無事故運転年数は3万125年となります。

自分の後を追って: Jackson-Carterは今、その知識の一部を次世代に伝えています。彼女はUPSの危険を予測・回避する運転の戦略を使用して、3人の息子に運転を教えており、誰でもUPSのトレーニングから何かを学べると考えています。

息子のAlphonsoは母親の後を追っています。UPSに2020年に入社し、現在は母親が最初に務めたフロリダ州の施設でトレーナーとして働いています。

ご存知でしたか? Jackson-Carterのようなトレーラーのドライバーの年間の給与は11万2000ドルで、それに5万ドル相当の健康保険と福利厚生、年金の会社拠出分が加わり、報酬の合計額は約16万2000ドルとなります。

最高の攻撃は適切な防御: 35年におよぶ運転で、Jackson-Carterはあらゆることを目にしてきました。運転時に自身と他者を守るためのヒントのトップ3は次のとおりです。

  1. 注意散漫にならない:曰く、「運転中に誰かが電話をしていると分かります。電話はしないでください。」
  2. 自分の意志を運転ではっきり伝える:「危なくないよう、方向指示器を使って車線変更を行います。」
  3. 周りに気を配る:「常に前方と側面に気を配ります。5~8秒ごとにミラーをチェックします。」

多くの社員にとって、UPSは家族の問題というのをご存じでしたか? UPSが家族の伝統になっているその他の家族をご覧ください:

関連するストーリー

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software