新しいドライバー、UPSの55年にわたる家族のレガシーが安全賞でさらに強固なものに

「いつもUPS社員になりたいと思っていた」
1440X752-Rosenfelts.jpg 768X760-Rosenfelts.jpg 1023X960-Rosenfelts.jpg

家族の誇り: ペンシルベニア州ベンセーラムの、3代目のUPSドライバーのChris Rosenfelt Jr.のストーリーを見てみましょう。現地のUPS社員は安全運転は大事だと言うでしょう。22年間一緒に働いてきたUPS社員の前で息子に安全運転賞を贈った父親、私たちがシニアと呼んでいるChris Rosenfelt Sr.の気持ちを想像してみてください。

「息子は私から賞を受け取りたいと言ったのです。自慢の息子からの言葉に本当に感激しました。正直言って息子に仕事が続けられるのかどうか、最初はわかりませんでした」と、自身もベンセーラムでUPSのドライバーを務めるシニアは述べています。

数年前に遡る: Chris Jr.は、最初はパートの仕事が好きではなく、辞めることを考えていたと正直に言っています。しかし、父親は仕事をよく理解していました。

「大変なことは分かっています。でもこの仕事はやりがいがあります。辞めずに続けるように励ましました」とシニアは述べています。「息子は勤勉で努力家であることを示してくれました。」

重い責任: Chris Jr.の1年間無事故の賞は、表に象徴的なUPSの盾、裏に大きな数字の1が入った、重さ約45グラムの金色と茶色の刻印入りのコインです。受賞者は、手にした瞬間にコインの重みを感じ、地域社会での安全運転の責任を象徴しているようです。

Chris Jr.は、その重みをより深いレベルで感じていると述べています。彼の受賞は、彼の家族が持つUPSのレガシーに新たな一章を加えるものです。最初は不安でしたが、「いつもUPS社員になりたいと思っていた」とChris Jr.はその思いを述べています。

父のように、息子のように – そして祖父のように: シニアは、Chris Jr.が生まれる直前に、親から強く勧められてUPSに入社しました。義父のBill Sneadは30年間UPSでドライバーとして勤務し、その後Union Local 384の委員長を18年務めました。UPSすばらしい職場であることを知っていました。

「別の仕事を15年近くしていたので、転職には不安がありました」とシニアは述べています。「でもSneadが、UPSの方が給料がよく、家族を養うのに必要な安定した仕事があると私を説得してくれたのです。 彼の言う通りでした。私は後悔はしていません。」

シニアは運転の仕事に加え、現在はLocal 384の幹事として、組合員を代表しています。息子のChris Jr.は3年前に入社し、プリローダーとドライバーの仕事をしています。3世代を合わせたUPSの在籍年数は、なんと55年にも及びます。

業界で最高: 正社員のUPSの荷物配送ドライバーの平均年収は9万5,000ドルで、それに加えて健康保険、福利厚生、年金として5万ドルが追加されます

ご存知でしたか: UPSは、米国だけで安全トレーニングに年間2億6,000万ドル以上を投資しています。当社のオペレーションの社員は、年間500万時間の安全トレーニングに参加しています。

登録: 今すぐUPSjobs.comからご応募ください。多くの応募者には25分以内に内定通知が届き、臨時職の約80%で面接が不要となっています

関連するストーリー

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software