安全への渇望: Rene Acostaは、常に水分を補給することを求めています

「私の第一目標は安全です」
RAcosta2735-1440x752.jpg RAcosta2735-768x760.jpg RAcosta2735-1023x960.jpg

Rene Acostaは、毎朝、トラックに積まれたパッケージの数、その日のスケージュール、得意先との情報交換など、多くのことを考えながら出勤します。しかしReneは、何よりも健康について考えています。

Reneは次のように述べています。「私は、毎朝起きてから1マイル走り、朝食を作ります。トラックの座席の前には、いつも水のボトルを置いておきます。停止信号や標識があるたびに、絶えず水を飲んでいます。」 

Reneからのプロとしてのアドバイスとは?水分補給がすべて。 ウェルネスの推進者で安全委員会のメンバーであるReneは、毎日、仲間のドライバーに選択肢について考えてもらうために時間を割いている何千人ものUPS社員の一人です。

「人の体はそれぞれ異なります。私たちは、ドライバーをできる限り教育します。 自分の体を知らねばならないからです。」と Reneは述べています。

家庭とのつながり: 同僚に気を配るというReneのミッションは、悲しい家族の死から生まれたものです。兄を肝臓がんで亡くしたことがきっかけで、Reneは、正しい選択と互いを大切にすることを人々に勧めるようになりました。

「毎日の終着点である家族の元に帰るのが待ちきれません。私の第一の目標は安全です。」

施設の中で一緒に話をしているUPS社員。

ご存知でしたか? UPS は社員と直接協力し、健康と安全における卓越性を推進します。

  • 2022年、UPSは 米国の安全トレーニングに3億4300万ドル以上を投資し、Reneのようなオペレーション担当社員が、670万時間以上の安全トレーニングを 修了しました。
  • UPSと全米トラック運転手組合は、Comprehensive Health & Safety Process (CHSP) と呼ばれる、革新的な安全委員会の仕組みを設けています。ここでは、組合を代表する社員が、現場で働く同僚社員の健康と安全に関わっています。
  • 全米に、2,700以上のCHSP委員会があります。これらの社員主導のチームは、UPSの経営陣と協力して、安全とウェルネスについて社員を教育しています。

関連するストーリー

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software