調査から窺えるラテン系がオーナーのビジネスの課題

UPSは中小企業が変化する市場の状況を管理するのに役立つソリューションを提供
1440x752px_SMB_H.jpg 768x760px_SMB_H.jpg 1023x960px_SMB_H.jpg

米国のヒスパニックやラテン系がオーナーのビジネスは、売上の落ち込みや人員削減、事業閉鎖などパンデミックの影響を大きく受けています。Stanford Latino Entrepreneurship Initiativeによれば、調査対象となったラテン系がオーナーのビジネスは、パンデミックの最初の数か月ですぐにCOVID-19の悪影響があったと回答しています。3分の2近くは、6か月以上は業務を維持できないと述べています。

UPSは、状況の変化を乗り越えるのに役立つビジネスソリューションを提供して、ヒスパニックやラテン系のビジネスが繁栄できるよう努めています。

昔ながらのやり方からデジタルへ

フロリダ州コーラルゲーブルにある手作り高級葉巻メーカーのPremium Importsは、多くのその他の昔ながらの企業同様、数か月間休業を余儀なくされるだろうと予感していました。UPSは、Premium Importsが、デジタルソリューションでの値引きにより企業を広範な業界をリードするテクノロジーパートナーとつなぐプログラムであるUPS Digital Connectionsを実装してビジネスをeコマースへとシフトすることを支援しました。

Digital Connectionsはまた、自社のビジネス向けのテクノロジーソリューションを購入して革新を進め収益を上げるための金銭的支援を顧客が受けられるようにすることも支援します。

Premium Imports向けには、UPSは、同社のインバウンドやアウトバウンド、サードパーティ、輸入の出荷をフォローするQuantum View Manageシステムを実装しました。

成長の道標

ロジスティクスサービスに加え、UPSは市場情報とガイダンスでも企業を支援します。ヒスパニック系の女性がオーナーで、カスタムカバーのデザインと製造を専門にするスモールビジネスのCreative Coversは、オーナーのBrigit Calderonが1998年にジープ・ラングラーのスペアタイヤのビニールカバーにピースサインを刺繍したのが始まりでした。

同社が市場シェア拡大のための戦略を立案する際に、UPSは収益増に貢献するビジネスソリューションであるListrakの使用を含む、顧客との関与の方法についての指針を提供しました。

テクノロジーとデジタルサポートが鍵

機会や経済発展へのラテン系のアクセス向上に取り組む組織であるAspen Institute Latinos and Society(AILAS)によれば、テクノロジープラットフォームの提供が、ヒスパニックやラテン系がオーナーのビジネスがパンデミックを克服し今後繁栄する上での重要な要因となります。

「ラテン系がオーナーのビジネスは経済における成長セクターであり、経済力強化に大きく貢献しています。伸び悩みが続くような場合は、経済全体に悪影響が生じると見られるため、当社ではそうしたビジネスのニーズを支援するためのサービスを提供しています」と、UPSのビジネス開発担当エグゼクティブのMark Senchak Jr.は述べています。

オンライン市場への移行

UPSは、Bueno Foodsがテクノロジーを活用して顧客のニーズの変化に対応するための取り組みを支援しました。過去30年間、UPSは、ニューメキシコおよびメキシコ料理の老舗メーカーでアルバカーキに本社を置く中小企業のBueno Foodsのパートナーとなっています。

Bueno Foodsがオンライン市場に移行する中で、オンラインショッピングで顧客が何を求めているかを探るため、 UPSは同社とオンライン購入者についての調査を行いました。

将来の可能性

ヒスパニックとラテン系は、米国の労働力とビジネスオーナーの両方に占める割合が大きく増加しており、比率は上昇していることから、米国経済の再構築で大きな役割を占めるものと思われます。

関連するストーリー

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software