Kevin Warren

EVP兼最高マーケティング責任者

Kevin WarrenはUPSの取締役副社長(EVP)兼最高マーケティング責任者。当社の経営陣の一員として、Kevin は米国および国際マーケティング、The UPS Store、デジタルアクセスプログラム (DAP)、収益イネーブルメント、事業計画、予測と価格設定、デジタルマーケティング、顧客体験、ブランド関連性を担当しています。データ中心のビジネスと従来にないエンゲージメントチャネルについて確立した観点がUPSの変化の原動力となり、デジタルにより可能となった顧客体験での新たな基準となっている。eコマースビジネスの時代が到来する中、将来のビジネスを実現するUPS戦略の重要な部分を牽引しています。

最近ではXerox Corporationの取締役副社長兼最高商業責任者として、同社のハードウェア、ソフトウェア、およびサービスの多様なポートフォリオのマーケティングやワールドワイドチャネル戦略、営業チームの効率性、グローバルクライアントエンゲージメントを担当していました。

それ以前は、Global Growth Opportunitiesのプレジデントとして、米国外の収益成長の加速を担当していました。2007年にXerox Canadaの代表取締役兼最高経営責任者 (CEO)に就任し、2010年には米国クライアント担当プレジデントに任命されました。1983年にXeroxにワシントンDCのインターンとして入社しました。

また、Fiserの取締役および監査委員会の委員長、ジョージタウン大学理事会の執行委員および体育委員会の委員長を務めています。さらに、UPS Foundationや国際テニス殿堂の理事会の理事、Black Executive CMO Allianceの創設メンバーであり、Executive Leadership Councilの理事も務めています。以前はIllinois Tool Worksの取締役およびBig Brothers Big Sisters of Americaの全国員を歴任。マーケティング業界での指導力が認められ、Forbesの2022年の世界で最も影響のあるCMOに選ばれ、AdWeek’s 2022 CMO Awardsを受賞しました。

ワシントンDC出身で、ジョージタウン大学でファイナンス学士号を取得し、ハーバードビジネススクールを卒業し、上級経営プログラムを修了。

eコマースはビジネスでの新時代の原動力であり、またそれを可能にするものでもあり、UPSや顧客、ネットワークの対象である広範な利害関係者に変革をもたらすものです。対応力と速度、特にデジタルからアナログへの移行の機会を効率的に実現することが、どの程度成功するかの鍵となります。私は、当社のブランドとそれを支える有能なチームが、新たな世界を切り開くものと確信しています。

- Kevin Warren
Kevin_Warren_380x380.jpg
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software