Clark T. Randt, Jr.

前駐中米国大使 Randt & Co. LLCの社長

Clark "Sandy" Randtは現在、中国に関心を持つ企業に助言を行う企業であるRandt & Co. LLCの社長。2001年7月から2009年1月まで、駐中米国大使を務める。

米国有数の中国通として知られ、アジアで30年以上にわたり外交官や弁護士、ビジネスマンとして勤務。ジョージ・W・ブッシュ政権時に7年以上駐中米国大使を務める。

1968年から1972年までは米空軍セキュリティサービスに勤務。1974年に、米中貿易評議会の中国駐在員を務める。1982年から1984年までは、北京の米国大使館の一等書記官兼商務アタッシェを務める。1994年から2002年まではShearman & Sterlingの香港事務所のパートナーとして、同事務所の中国でのプレゼンスの大幅な向上に貢献。

ニューヨーク州弁護士会および香港弁護士会の会員で、香港の米国商工会議所の前会頭兼バイスプレジデント。

2010年にUPSの取締役に就任し、報酬および任命、コーポレートガバナンス委員会の委員を務める。

エール大学を卒業し学士号を取得し、ミシガン大学で法律修士号を取得。ハーバード・ロースクールに入学し、中国を対象とした東アジア法律研究を行うフェローシップを獲得。Qualcomm IncorporatedやValmont Industries, Inc.、Wynn Resorts, Ltd.の取締役も務める。

Clark T. Randt, Jr.
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software